ヨガを始めた理由は、肩凝り解消だったのですが・・・

私の趣味の一つでもあり、講師の免許を取得するほど夢中になっているヨガを始めた理由について、人からよく聞かれるのですが、元々は、ヨガを始めた理由は、肩こり解消が目的でした。

職業柄、一日のほとんどをパソコンで仕事をしています。パソコンで仕事をしていると、出てくる不調が、肩こりと眼の疲れです。特に肩こりはひどく、勤務終了後にはガチガチになるほどでした。

この症状が悪化すると、血流が悪くなることが原因で、めまいがする時もあります。仲の良い同僚たちも、みんな同じ悩みを持っているので、職場のランチの時は、対策や症状緩和ができる方法をみんなでよく話していました。

その中で、一人の同僚が、「最近、ヨガに通い始めたら、肩こりの症状が良くなった」という話を聞き、自分も勤務後にヨガスタジオに通うことにしました。

元々、身体が柔らかかった為、比較的早い段階でポーズをとれるようになりました。ポーズをとっていくと、どんどん血行が良くなるのを感じます。レッスン後は、肩の凝りもほぐれているのを実感しました。

体験していくうちに思いのほか、ヨガが楽しくて、始めた理由は肩こり解消でしたが、すっかりはまってしまい、ホットヨガにも挑戦しています。こちらは、一定の温度の中でヨガをやるので、汗が尋常じゃなく出てきて、代謝が良くなり、お肌の状態もよくなりました。

ヨガによる効果は、身体と心の両面に働きかけることと、年齢に関係なくできるので、このことをもっと多くの人にも広めたいと感じ、できるだけ時間を見つけては、講義やレッスンに通い講師の免許も取得しました。

いつかは教える対場になりたいと、仕事の他にも、生きがいが見つけられてよかったです。